水と戯れる

  • 2017.08.16 Wednesday
  • 03:20


なかなか休みの合わないD氏と共に水浴び。
今回はとーるさんも参戦!!


日曜夜発にて先に向かっている2人を追いかけて高速をひたすら走り1人真っ暗で狭くて霧が濃い峠を全力熱唱で突っ走ること4時間半。
着いた先は濃い霧に覆われ小雨の降る山奥。
翌日は曇り予報。
軽く仮眠し起きると何とか雨は上がっていたものの増水してるだろうなーと思いつつ支度して早速アプローチ開始。
ダラダラと続く林道を歩き適当なところから斜面を駆け下りた。
予想通りの入渓点に降り立つもやはり増水していた。
白泡のたつ流れの遡行開始。





容赦無く白泡を突っ切るD氏に続き腰上まである流れを渡渉していたらすぐ慣れた。
あの人の突破能力はいつも勉強になる。
今回も色々とパクらせて貰った。


入渓してすぐは増水の影響からか思うように魚も顔を出さなかったがしばらく進むと可愛らしいイワナが顔を見せてくれて一安心。






その後も釣り上がりポイントも絞れてきたので飽きない程度に釣れてくれた。
それにしても綺麗なヤマトだ。
それだけで満足。
サイズは伸びず30センチ止まりだったけど。








予定していたテン場よりも少し上で初日は終了。
夜は小雨も降ったりしたが気にせず焚火しながらまったりと過ごした。



翌日起きると雨。
まあ、どーせ水に入るんだし濡れるのは気にせず釣り上った。

2日目もそこそこ釣れる。
型は…







退渓するには朽ち果てた登山道まで出るか沢を詰めるかの2択。
暗黙の了解的に沢を選択し増水気味の沢を少し釣り上がり納竿。
あとは沢登りとなった。
予定していた沢は等高線を見る限り滝らしい滝はないと思っていたが予想を裏切り中盤からは滝・滝・滝の連瀑帯。


雨も強くなり全身ずぶ濡れなので巻くのも面倒だし濡れながらテンション上げて登りまくったが終盤は手のつけようのない滝が3連発で現れ見た瞬間に巻きに入ったが…





その上もかなり怪しげ。
巻くのにもそれなりに高度を上げていたので現地確認後そのまま斜面を登り廃道と化した林道へ。
ルートファイティングをミスらなくて良かった。
まあ、たぶん間違えても3人の誰かが突破してくれるだろうけど。





最後の詰めで足パワーをかなり使ってしまったので帰りの道はかなりしんどかった。
それなりに降っている雨の中で湯を沸かして休憩とかしなかったら結構ヤバかったかもな。
体力落ちたわ。


ラスト1.5キロは止まるとそこで試合終了してしまいそうなので突っ走り車に辿り着いたと同時に全ての装備を外し雨の中で全裸生着替えをし乾いた服に着替え身体を温めた。


あまりに雨と沢で濡れすぎて持って行った物は二重に防水対策をしていたのにもかかわらずほぼ全てが濡れていた。
食料やら減ったはずなのに帰りの荷物はたぶん行きより重くなってんだろうな。

良い沢旅となった。
持久力を復活させねば…


下山してからは温泉と飯にありつき帰路に着いたが途中のSAで爆睡しすぎて起きたら日付変わってた。



今回の計画に乗ってくれたD氏ととーるさんに感謝!!!
最高だったぜい!


本当に魚がいるか分からんし雨の中同行してくれる人なんてそうそう居ないだろうな〜


こんな馬鹿な遊びをいつまでもやっていたい。




スケルトン

  • 2017.08.12 Saturday
  • 09:39


更新すっかりサボってた。
昨日はお盆休みに突入した連休のなか北アルプスの麓へ。
スケルトンイワナの名付け親?山猿さんより教えて頂いた某沢へ。


雨の降るなか深夜発で中央道へ。
途中にあるコンビニではテレビ局の方から声をかけられ連休の深夜渋滞を取材したいので密着させて下さいとお願いされたがそんな時間もないしなんせ向かう所は僻地。
やめた方が良いですよとお断りし出発!


連休初日前夜との事もあり高速は車多めでストレスなドライブ。
何とか3時過ぎに現地付近に辿り着くも悪路過ぎて結構ビビった。
真っ暗で先の見えない林道は暗い時に入るもんじゃないですね。
危険すぎるので林道アプローチを変更し何とか現地着。
連休で先に入られる可能性も考え30分ほど仮眠したのちにアプローチ開始。
沢は予想通り綺麗。
洗われた真っ白な花崗岩に透明度の高い水。
不安視していた増水は見事に的中していたが入ってみると遡行可能レベルだったので下部より釣り上がることに。
降りた先のポイントからフライを流し込むと1発でヒット。
小ぶりながらも綺麗なスケルトン風岩魚。
これで一安心。
その後も遡行に気を使いながらも釣れ続け奥地へ。





増水なのでポイントは少なめだし巻き返し中心に狙うも何故か出てくるのは流心のケツ。
岩魚さん…
君らそんなに俊敏じゃないんだからそれじゃ捕食出来ないでしょ。って感じで流れに流される魚も多数いて笑えた。


核心かもと聞いていた落差ある区間では良い流れから綺麗なスケルトン岩魚32センチ。
素晴らしく綺麗な魚体。
尻尾も発達しておりその美しさは格別だった。









上手く撮れなかったがめっちゃ綺麗な尻尾。
巨岩帯に入るとポイントはかなり減少したがそれでもここはと思われる本日の当たりポイントでは気持ち良く魚が顔を見せてくれた。








上流へ進むにつれて魚影も薄くなりあまり期待も持てず増水でポイントも少ないので予定より早く下ることにし別な沢を求めて移動した。
着いた先は同じ水系って事もありこれまた綺麗。
登山道を利用し上部を見ようかと思ったがこんな綺麗ならと途中登山道を外れて川へ300メートルのトラバース。
多少藪が被っては居るが人のやりにくいポイントからは良型が高確率で釣れてくれた。





そこそこ釣れたところで登山道が近くなりそのまま退渓。
車に着くと同時に大雨になり撤収。

今回は偵察だったのでかなり慌しい釣行となったが次回機会があれば泊まりでジックリと楽しみたいとこだ。


久々に毛虫を手で潰した以外は最高な渓でした。




堕落

  • 2017.08.04 Friday
  • 01:15

堕落した生活を送っとります。
このシーズンは沢と釣りのと交互なんだけど今年はもう釣りばっかり。
頭の中は常に釣り。
週一ジム作戦も何処へやら。
時間さえあれば地形図と睨めっこし手付かずの沢はないものかと日々妄想。


一昨日は天気も安定せずなので久々なパラダイスへ出撃。
日の出前にアプローチを開始しようかと思ってたら起床してみると日が差していた。
下界は天気も良くアプローチで汗だくになりそうだなと思ってたけど山の天気は安定せずアプローチの谷はガスガスガスに包まれひんやりとして気持ち良かった。
沢へ降り立つと霧雨。
下界との天気の違いを楽しみながらちゃんと天気図見なくちゃなとちょい反省。
おまけに続いてた雨によりちょい増水。
こればかりは入ってみないと分からない。
来るたびに渓相が少しずつ変わるってのも楽しみです。
肝心の釣りは増水の影響からか結構渋い。
いつもなら工程の半分で50匹は釣れてるのにこの日はその半分にも至らなかった。
これは増水の影響だけではなくもしかしたら片っ端から持ち帰る野郎が入った予感。
未だにそんな輩が多いのが現状か…
自慢したいなら管理釣り場にでも行ってくれ。


雨は時折強めに降るので増水に警戒しつつ釣り上がると段々とサイズも数も上がり一安心した。












結局この日は魚止まで上がり尺超え数本止まりで不完全燃焼気味で終わった。
不完全燃焼気味になった理由は今期最大のイワナを発見しつつも久々に焦りテンパり最大のミスを犯してバラしてしまったからだろうけど。


これだから源流は面白い。
もう少しアプローチと関東近県で良いとこないかな。


高速3時間・徒歩2時間以内とかあれば最高なのに。
車&徒歩合計4時間以内があればもっと最高。
現実は甘くないんだけどね。


次の連休はあるお方から情報を頂いたので2つの渓のどちらかを偵察するかな。
ただし1つは源流まで上がり詰め上がると下山が大変。ピストンで戻っても大変。
もう1つは地形図・衛星で確認するも魚がいるとは思えない…


うーむ。
未確認情報だからこそ行ってみたい気はするが。
さーて、どーすっかね。
まずは単独で探検しに行くか?


平日仲間が欲しい気もするけど気ままな1人も捨てがたい。




お寝坊さん

  • 2017.07.28 Friday
  • 23:36


雨予報に嫌気がさして深夜発をやめたと言うより出撃をやめた木曜深夜。
金曜8時起床。
せっかくの休みに何やってんだと我に帰り急遽出撃。
行き先は前から気になっていた沢の上流へ。


今日も暑い。
暑過ぎる。
夕方より雨予報だがたいして降らない又は降らないと予想して行けるとこまで行ってみよう作戦。
入渓し遡行するも生き物の気配まるでナッシング。
心折れそうになりながらこれは沢歩きだと自分に言い聞かせそのまま釣り上がる。
すると小ぶりなイワナ。
その後は後が続かず。
まあ、魚影は確認出来たのでそのまま更に釣り上がる。
すると魚が徐々に増えて来た!?





連瀑帯に入るとさらに魚が増えサイズも上がってきた。
よくある事だが何故か上へ上がるとサイズも数も増えてくる。
これはたぶん人が踏み入らない境界線があるのだろう。
当然人が少なくなれば魚が育ち増えてくる。
バランスなんだろうなー



その後も楽しく釣り上がり少々面倒そうな滝に当たり登攀するのも面倒なので終了。






滝下ではそこそこサイズが群れており楽しかったなー
綺麗な沢に癒されて満足したので下山。
まだ時間もあるのでもう一本の気になる沢偵察。

渓相は良いが魚が小さ過ぎる。
歩いて上がればもしかしたら居るかもなのでまた今度探検だなっ


帰りは飯食って帰宅。






ミョウバン無しと謳ってたけどむしろミョウバンの味でウニの味がなかったぞ。笑





避暑

  • 2017.07.28 Friday
  • 22:59


都会は暑くてたまらん!
そんな理由を付けても結局は山に行って魚と戯れたいだけなんですけどね。


一応避暑って名目で高原へ釣りに行ってきた水曜日。
いつもの様に深夜着だが去年より明らかに暖かい。
てか、暑い。
いつもなら寝袋inして寝てるのに全く必要ナッシング。
爆睡。


朝は少しゆっくりな9時に行動開始した。
今回は前から入ってみたかったぱっと見高い橋からの入渓。
前情報では結構な傾斜を慎重に…ってのが多くみられたが入渓は問題ナッシング。


少し水量多めだが良さげな雰囲気なのでサクッと支度してポイントを流すと1発で喰ってくれた。





サイズはそんなでもないが綺麗な魚体で満足。
その後もポイント毎に釣れ続け行けるとこまで行ってみようと遡行するとドップリと浸からないと突破できない淵が出没。
サクッと右岸巻いて下ろうと思ったらなんと上流に40mクラスの滝出現。






そのまま巻いてしまおうかとも考えたが巻いた後ピストンで戻るのも面倒なので戻り支流へ。
少々藪が強めな沢でしたがこちらにもイワナが住んでいた。
そのまま詰め上がり林道へ脱出。


車へ戻り次なら沢へ移動。








晴れてたと思ったら急に雨降ったり晴れたり。
雨降って晴れて気温上がるともはや蒸し風呂。
避暑で高地へ来たのに汗だく。
汗だくだく。


あまりの暑さに沢の日向からは魚も消え去り日陰のみでした。
それより気になったのが魚の減少とサイズダウンだなぁ…
ここももうダメか。







また次探そっと。
最近の雑誌やらで特集されてる源流へ行こう的な特集は何とかしてもらいたあもんだ。
釣り人も変わったなぁ



金土日

  • 2017.07.24 Monday
  • 01:20


金曜日帰宅後は翌日の仕事の為に長野へそのまま移動。
1人だとちとしんどいのでハムスター召喚!!


現地入り後爆睡。
涼しい場所のはずなのに灼熱なのよ。
あっという間にペットボトルを飲み干しつつ任務完了。
ハムスターがどうしても牧場で戯れたいと騒ぐので近くの牧場へ。
何やらウサギやらモルモットを触りたいらしい…
ハムスターがモルモットを触って何が楽しいのだろうか…





おい、ハムスターよ。
それは食べちゃダメだぞ。












一通り見て触って満足したらしいので移動。
せっかくここまで来たのなら帰りに白馬へ。
本当は帰りにどこかのジムで登る予定としていたが疲れ果てたので沢にて涼み釣りとした。
山越えルートしかないが道はしっかりとしているだろうと思っていたがなかなか面倒な道だった。
1時間程度走り無事に白馬着。
朝からほとんど飯を食っていなかったので近くの蕎麦屋へ。






初めて入る店でしたがなかなか旨し!
腹ごしらえも終わったので川探し。
白馬を中心として見て回り良型が居るらしい沢は特定出来たが増水気味で入渓はやめた。
この時期だから藪が酷すぎ。
今回ので勝手に区切った1エリアの沢は全て見たので次回は次のエリアの探索だな。
沢探しに時間がかかりイブニングまで時間もなくなったので前に入った沢へ。

ここは沢歩きと釣りに慣れていないハムスターを連れて行っても問題ナッシング。
ただ釣りに付き合わせるのも可哀想なので竿を持たせポイントを教え流させたら釣れた。





大きくはないが釣られることが出来たので良かったわ。
その後もポイント毎に綺麗なイワナが顔を見せてくれ退渓点で丁度暗くなりお終い。
次は奥のゴルジュ抜けたところまで釣ってみたいとこだ。


長距離移動からの仕事からのまた移動して釣りだったので結構グッタリだが翌日は仲間の結婚パーティーがあるので何としても東京へ戻らねばとそのまま移動。

日曜日。
モンキーマジック店長であるザワの結婚ぱーちー。
その前に少し時間があったのでジムで登った。
結果、腰を痛めた。
なんでやねん。


軽く登って満足したのでパーティーへ。





屋外のBBQスタイルでかなりラフな感じのパーティー。
いやー
このゆるさ助かるわ笑


パーティーはザワらしくとても楽しく良いパーティーでした。





末長くお幸せに!!!
それにしてもザワには勿体ないくらいの嫁さんだったな。






移動しっぱなしの週末だったけどとにかく毎日が楽しかったぜ!!!






























シャャャャャャャャャャ





北海道まとめ

  • 2017.07.16 Sunday
  • 01:50


10日 帯広着。
レンタカーを借りて初日目的地の糠平へ。
今回はかなりの格安レンタカーのプランを選択出来たのであまり期待はしていなかったがまさかな新車フィット。
そして何故かハイブリッド車。
ありがたやー
目的地の糠平へ向かう前にまずは腹ごしらえで北海道と言えば寿司!!
軽く食すつもりがガッツリとやったしまった。








美味い!!
今回の北海道では宿を取らずキャンプを中心として拠点を構えてじっくりと楽しみたかったので腹がはち切れそうになりながら近くのホームセンターとスーパーに寄り食材とガスを買い込んだ。


一通りの準備をし糠平へ。
道中山の方へ向かうと何故か雲行きがかなり怪しい。
嫌な予感は的中し着くと豪雨。
当然川は濁流と化して支流も含めて大増水していた。
それでも何とか支流に入ってみるも全く釣りにならない。
ここから迷走が始まった。
まずは山を越えて層雲峡方面へ走り川を見るも去年の台風の影響もあり川は荒れ放題。
おまけにこちらも降ったらしく大増水。

大函周辺も不可。
全く川に近寄れる感じではなかった。
仕方なしにUターンし音更川本流へ。
ダム下は比較的水量が落ち着いてはいたがこちらも去年の影響により何処もかしこも河川工事が入っており川は死滅していた。
初日からダメかと思われたところで増水に強かった音更川支流を思い出しまたまた移動。
これが正解し数匹ではあったがそこそこなサイズが釣れてくれた。





今回はキャンプなので晩飯に頂く分の2匹だけ有難く頂戴し無事晩飯を食べることが出来た。





雨上がりであったが今回利用した糠平のキャンプ場はキャンプサイトが整備されており快適な寝床となった。




11日
少し早めに起きて行動開始。
昨日からの状況を考えこのまま糠平に留まる選択肢はなかった。
どうせならとまだ釣ったことのない阿寒川へ移動。
何の情報も持っていないのでとりあえず釣果を求めつつ利別川にて拾い釣り。

こちらの川でも良型なニジマスが気持ち良く出てくれた。


利別川の他の入渓点とポイントも分からないのでイブニングに間に合うように阿寒へ。
道中少し調べるとどうやら阿寒川はC&R区間があるらしいのでとりあえずは有名なポイントへ。
アプローチも整備されており楽チン。

入ったところはちょうど良いプールも、あり時間も良かったのでウヨウヨと居る大型ニジマスのライズを確認しイブニング開始。
大きめな川の釣りには慣れていないがすぐにコツも掴めてライズゲームを楽しんだ。















そこそこ飽きるほど釣れて満足。
54センチをあたまに短時間であれほど釣れるとは…
とりあえず引きが強すぎて疲れた。
記念写真撮った魚以外はダメージ無いように水中にさよーなら。
60オーバーが出なかったのが少し残念だった。
暗くなる頃にまた雨が降り出しやがて大雨に…
キャンプ予定ではあったがこの雨の中テントを設営するのも面倒なので道の駅へ移動し車中泊。
慣れない車でしかもサイズが小さいので寝れるかと心配したが意外と何とかなるもんだ。



12日。
迷ったが前日の阿寒川が好感触だったので予定を変更しもう一日阿寒川を選択した。

阿寒川へ移動する前に小沢に入ったが新子ヤマメとオショロコマの嵐。
嫌気がさして移動する。
阿寒川へ。 今日は下から釣り上がって見ようと思い釣り上がり。
しかし日中は暑すぎる。
北海道らしい河川に苦しめられ更に魚は川床に張り付き動きもしない。
途中釣り下って来たルアーマンと話したが全くアタリすらないとの事。
さらに釣り上がると多少やる気のある魚を発見し休憩しながら様子を見ていたが捕食する物を決めているらしく全くフライには見向きもしなかった。
手持ちのフライを色々と試し工夫してみると狙っていた魚ではないのがヒットした。
小振りではあるが釣れたので移動。


日中は全く釣りにならないと判断しイブニングライズを待つことにして昼寝。
いや、ふて寝。
良さげな時間になり入渓点へ向かうと前日とは違い釣り人が多く入っていた。

大きなプールには先客が居たが少々お話をしてプール下流に陣取った。
まだライズは単発だったがとりあえず流してみると1発でヒット。
最近マイブームなフライはオールマイティーに使えることが判明。
その後も何匹がかかるも早合わせになったり切られたり。
それでもサイズが大きめなニジマスなので引きだけは楽しめた。
オートリーリース状態で効率はなかなか良いし楽しい。
ドライへの反応が悪くなったのでライズを目掛けてウエットに替えて表層を流すと面白いように喰ってくれた。





写真ブレブレ。
この日は人が多かった影響からかライズは少なめだったが良いイブニングでした。
釣り終わりコンビニにて遅めの夕食をとりながら翌日以降の予定を考えた結果十勝川を見に行くことに。
十勝川にある野営場を目指し深夜に移動。

途中クワガタの取り放題を楽しんだ。




13日
今日も灼熱。
ポイントも入渓点も分からないので上流を目指し移動する。
途中見えた十勝川は濁流。
上流部まで移動したら何とかなるかもと考え最上流を目指し車を走らせたが林道は崩落により通行止め。
仕方ないので支流に向けて歩き入渓するも水多すぎ。
生命反応なし。
引き返しまた帯広方面へ戻るとこに。
帰りの林道ではオジロワシ?らしい大型のワシが!




初めて見るワシに興奮しながらバードウォッチング的に楽しみこれだけでも十勝川へ来た価値があったと思う事にした。
十勝川から降りもはや川迷子状態に。
スプリングクリークの沢にニジマスが居るらしいので探しに出て魚が居そうな沢を何本か発見はしたが釣りをする気になれるような沢ではなかった。
仕方ないので移動。
初日に入った沢へ。
前回より上流まで釣り上がる作戦とし釣り上がるも初日より思った場所から魚は出てくれなかった。
型こそ出なかったが顔が見れただけで良しとしよう。



14日
対象魚をオショロコマに変更。
美里別川へ。
素晴らしく綺麗な渓相。








可愛いオショロコマが無限に釣れる。
素晴らしい川で綺麗なオショロコマ。
北海道最高だな。

無数のオショロコマと遊んだ後は下流へ移動し大型の魚をイブニングにて狙う事に。
またもや全くポイントが分からないのでダム下の本流狙い。
比較的入りやすい河原のある場所を発見し竿を振る。
小さなライズを発見しフライを流し込むとこれまた新子ヤマメ…
こりゃ失敗。
まあ、良いやと竿を振り続けると今度は小振りなニジマス。
その後もニジマス・ヤマメついでにウグイ様などなど五目釣り。
失敗気味なイブニングとなったがこれも良い経験。



15日
最終日。
17時には空港へ移動しなくてはいけない。
さて、どーする。
どうしても諦められずにいた糠平へ。
ここ数日は雨も降ってないので水量も落ち着いてるだろうと思いいつものポイントへ向かうと何と水量は若干あるもののほぼ平水。
濁りも全くなくクリア!
こらは昨日、一昨年と失敗したか?
退渓点付近に車を移動し徒歩で灼熱の道路を降り藪に突入して最終日の釣り。










良型のニジマスとアメマス・オショロコマが飽きない程度に釣れてくれた。
最終日なのが本当に残念。
若干時間を押しながら退渓し荷物をまとめ後ろ髪を引かれながら空港へと車を走らせた。
ろくに昼飯も取ってなかったので晩飯兼ねてダッシュ回転寿司にて北海道を締めくくった。





今回の北海道は予定外・想定外な事が連発でどうなるかと思ったが結果的には北海道の新たな発見もあったのでまた来年に繋がりそう。
少し残念なのは年々減少してる居る気がしてならないアメマス。
果たしてどこへ行ってしまったのだろうか…





しかし山が綺麗だったな。
気分を切り替えて沢と釣りを楽しもう。












期待

  • 2017.07.04 Tuesday
  • 22:41
ブログを全て消してしまったのでまた書き溜めていこう…
下らない事ばかりを。


来週からの北海道ツアーに向けて面白フライを量産!!!






普段では絶対に巻かないような特大バッタフライやら芋虫やらをフォーム使って巻いてみた。
使い慣れない素材で上手く巻けないけど何とか形になってきた。
なかなか楽しーぜ。


晩飯は北海道の予習で寿司を喰らった。









楽しみ。


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM