追加購入

  • 2018.02.08 Thursday
  • 21:21

またまたPatagonia様のプロセールスにて追加させて貰いました。


まずはロンTとTシャツ。
仕事と遊び両方で着てると消耗も激しいが洗濯が間に合わん。
だって帰らないときは家に帰らず仕事と遊びを繰り返してるから。
なら遊びに行かなきゃ良いじゃん!

むりむり。



ロンTとTシャツ共に足りなくなるのがフリース。
今回はR3フーディ。
フリースもチョークにまみれたり埃だらけになったりと足りない。
R2はかなり気に入ってたのですが今回はR3にしてみた。
R2より厚手みたいなので下にロンTを着ない様にサイズをSにしてみたけどジャストサイズ!!







S・M・Lと何でも着れちゃう便利な身体で良かったわ。
ベストはMだけど着るシチュエーションによって変えるのが良い。
だって重ね着嫌いなんだもの。


それともう一つ。
CUBE。
前回もまとめ買いさせて貰いましたが仕事用具などを分けて仕舞ってたら足りなくなってもーた。
なんつー便利に収納できるアイテムなんだ…


洋服など分けてMLCに入れると…






M.M.Lサイズの3つがピッタリ入る。
これ最高。





M×4つにするともっとピッタリ!!
これでカバンの中で迷子にならないし必要な物をすぐ持って出かけられるぜ。

らーくちん。


ありがたやー



NEWアイテム

  • 2018.01.30 Tuesday
  • 13:51
お世話になっているPatagoniaさんのプロセールスにて色々な物をゲットさせて頂きました〜





雑な写真でごめんなさい。


今回のアイテムは荷物多目な仕事のときに欲しかった大きめなカバン。
それとずっと愛用してるベンガロックパンツ。
色々なものに使えるCUBE。


まずはカバン。




MLC 45L


大量の荷物をザックに入れると下の方の物を取るのにグチャグチャ〜ってなるのが嫌だったのでこれなら安心。
ツアーやら仕事に大活躍してくれそう。
ホイールバッグにも取付け可能なのでさらに便利そうですね。
使うのが今から楽しみ。


2つ目はベンガロックパンツ。






街でも仕事でも遊びでもいつも履いてます。
履き心地も良いしストレスないので気に入ってます。
色違いでシーズン毎にサイズを少し変えて履かせて貰ってる。
オススメ!!



3つ目はCUBE。





何と言ってもこれが最高に使いやすい。
とくにMサイズとLサイズが最高!!
Mサイズはクライミングシューズにチョークと小物を入れるのにピッタリサイズでジムなどはこれだけで完璧。
そのままでも持ち運べるが少し持ち辛いのでカバンに入れてしまえばOK。
取っ手がもう少し持ちやすくなってればさらい良いけどね。


Lサイズはクライミングシューズ2足にチョークまたはクライミングシューズ・チョーク・クライミングパンツなどが入れられるゆったりサイズ。
岩ではクライミングシューズ2足にチョークを入れて二つ折りを開いたままマットに挟むとコンパクトにまとまり軽量化。
見た目もスッキリです。
最近はこのLサイズにクライミングシューズ2足とチョークを収納しMサイズにその他小物を入れ2つ開いたまま並べてマットに挟むと完璧。
バッグとかだと嵩張るし結局グチャグチャになるまたは荷物が多くなってしまうのでこのシステムにすると余分なものが増えず使いやすくていい。
生地も防水性になっているので多少の泥も拭けば取れるし突然の雨や雪でも安心です。


是非お試しを!!


今回は各色をサイズ違いで多めに追加したのでいつものクライミング用とカバンの中と部屋の中の整理に使います。
インパクトとかも入れられるので仕事の時も良さげ。


クライミングシューズはいつも2足持って行くのでパターンに応じて分けておけばいちいち入れ替えなくて良いし色別に覚えておけば楽チン!


多めに追加したけどまだ2つくらい欲しいな〜





オススメっ!

消耗品

  • 2017.07.19 Wednesday
  • 12:25


この時期1番の消耗品と言えば…
そう、沢靴かもしれない。
私の場合、釣りと沢とほぼ同装備なので必然的に沢靴の出番は多め。
しかしこの沢靴ってのがまたクライミングシューズ並みに消耗してくれる一品。

色々と試した結果オールマイティーに使えるのがモンベルのサワーシューズ。





これね。
着脱は前のモデルより格段に良くなりほぼ難点はない。
泥付き・草付きなんかは指割れしてくれてる沢足袋の方が良いのだが下山も沢足袋なので疲れる。






足が弱ってるお年頃なので下山は履き替えれば?なんて思うが靴なぞ持ってくと荷物になるし面倒臭い。
結果オールマイティーに使えるモンベルのサワーシューズが使い易くなってくる。



しかしこのサワーシューズには致命的な弱点がある。

これは歩き方の問題もあるだろうけど私の場合徒渉時に足を岩の間に入れスタックさせるようにし安定させる事が多い。
これは特に釣りの時。
足元なんてあまり見ずに足の感覚に頼り次のポイントまたはその時のを見て動く事が多いので安定させる事が可能だからだ。
結果サワーシューズの靴紐を通している部分が擦れて切れてしまう。





今回も北海道釣行時に切れてしまった。
こうなると沢靴の中で足が微妙に動き重心がズレて安定感がなくなってしまう。
釣りの時なら良いが沢徒渉または登攀時にこうなると紐より集中力も擦り切れてしまう。


毎年5月から9月までの4ヶ月で平均3足の沢靴が消耗。
だいたい紐を通す部分が千切れ次にフェルトが終わり一足終了。
値段的に考えてもフェルトの張替えはないのでその4ヶ月で3足約20100円。
なかなか高い。
クライミングに明け暮れて登り込んでた時は1ヶ月1足20000円って事を考えると安いのだが…
靴の強度は沢靴の方が遥かに低い。
脆すぎ。
特にモンベルのサワーシューズはこの部分だけが致命的に脆い。
ここさえ何とかなってくれれば完璧なんだけどな〜


何か対応策を考えなければ…
今日もノリで思い立ち沢&釣りでも行っちゃおうかと思ったがこの靴の破損部分修理が終わってなかったのでなし。

早くもう一足届かないかなー
クライミングシューズより予備がないと不安になっちゃう沢靴が悩ましい。




ぎゃああああああ

  • 2017.07.03 Monday
  • 18:50

間違えて全記事消滅。。。。。

 

((( ;゚Д゚)))

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM