散策

  • 2016.09.02 Friday
  • 16:20

木金と沢&釣り予定で山散策でした。

予定では沢の予定ですで谷川No.1の美渓と言われている笹穴か赤谷川への予定だったが台風の影響ありとの情報で断念。

まあ、行っていけない事はなかっただろうが今季まだ足慣らしすら終わってないパートナーを考えると…

 

 

そんなこんなで予定変更。

釣り。

ただ沢のモチベーションが高かったので沢を繋いで魚が居るかの探検に切り替えた。

 

 

木曜日。

いつも通り深夜出。

目的地には4時着。

仮眠してマッタリと出発するした。

今回は直接目的の沢に釣りのみで入るのではなくアプローチは沢で楽しもう作戦。

目的地付近に詰め上がる沢を登り山越えそして下降して超メジャーな沢に入りそこからさらに目的地の沢に向かうって何とも疲れる釣行旅。

無駄って言われたらそれまでなんだけどね(笑)

 

 

{C79A10CB-18CE-4B5A-AAB8-677689762361}

 

{07E762B8-CBF9-4D88-BEE4-BC147961A424}


 

アプローチに使う沢は沢登りの対象とはなってるけど簡単すぎてこれまで入る事はなかったがこの手の楽しみ方をするならと初入渓。

案の定簡単。

沢登りってよりも沢歩きで最終的には林道歩きと変わらないくらい飽きた。

支尾根まで一旦上がり沢筋から離脱して藪漕ぎからの下降。

 

 

 

{E277B695-D2EF-43E6-BC21-479BCB3F6E0B}


 

 

予定通りのポイントに下降し超メジャーな沢のテン場にて1泊。

ここの沢のテン場は過去最大に汚かった。

ゴミだーらーけ。

持ってきたものすら持って帰れないなら来んな‼

入るな‼

泊まるな‼

これだからメジャーエリアって嫌なのよね…

 

 

まあ、しゃーないので軽くお片付けしてからの釣り。

今回は歩きが長いので食料を絞ってしまったのでイワナを晩ご飯分だけキープして美味しく頂きました。

釣れなかったらお茶漬けのみになってたけど。

 

 

少ない薪木を集めて夜は焚火しながらマッタリし21時には就寝。

翌朝は5時起床の予定が3時30分に寒くて目が覚めて何となく外に出たらそのまま焚火をしてしまいそのまま起床。

結果的に朝急いで慌しく出なくてすんだので良かったけど。

 

 

金曜日の予定はさらに移動して某沢へ入り魚が居るのかどうかの釣り。

沢に入り早速支度をして釣行開始するとちびっ子達が居た。

 

 

 

{0C51791B-1902-4D3A-BECA-DFD545710BD7}


 

しかしここまで来てこれかよってな感じだったけど目的地は更に上の滝上。

これで魚居なかったらアホだなー

沢に切り替えて楽しんじゃおって感じだった。

しばらく釣り上がると予定通りの大滝。

どう処理するかなと思案する事もせず滝左を選択。

行きゃ何とかなるでしょ的にそのまま登り滝上へでた。

さて、ここからがドキドキ。

最初のポイントへフライを流し込むといきなり出た(笑)

次も出た(笑)

 

 

{ED3A870A-E179-4B57-A1E4-15F28F3F7897}

 

{42A41593-CC95-4BE6-921A-AD8325D3DFE9}

 

{C937D37B-020A-4E2A-82AF-2B14287A48AD}

 

{BBD4DAFA-723B-4AE6-8792-D40F21AEEBB8}

 

{A4B37CDA-B30E-44CF-980C-5CB712C4C5E7}

 

{9906BB01-4F52-42A4-8C71-A280E3886BE3}

 

{F0C2BB9D-D8C3-471B-B236-F8D0E6F076A2}

 

{3C576735-08D1-4BF6-865A-E76D35113A28}

 

{655D94A8-15AC-4A34-ACCC-BF9042CB37E1}


 

尺超えも出て満足満足。

相方がすっ転んで竿先を折るってトラブルもあったけど応急処置を施し結局魚止めらしき滝までほぼポイント毎に数匹ずつ出る釣りで最後まで楽しませてくれた。

来年まで人が入らなきゃ今回分のは何センチまで成長するのかなー

むしろ来年の方が楽しいかも?

 

 

魚影も切れたのでここからは沢モード。

ピストンで戻るには奥に来すぎているのでそのまま沢を詰め上がり途中の支沢に逃げて支尾根に入ってから登山道へエスケープ。

最後は1時間程濃い藪に苦しめられた。

最近こんなんばっかやな。

 

 

{F01ACBF1-B4E0-4C6F-AF17-52F44D736515}


 

 

あとはながーいながーいそしてつまらない登山道を歩き懐かしき山頂で休憩をしてからさらに歩き下山。

 

 

疲れたけどなかなか充実した2日間だった。

帰りは自らの獣臭を察知して2日間1度も脱ぐことがなかった洋服を脱ぎ去り駐車場で全裸生着替えで温泉へ向かい帰路についた。

 

 

苦労した割には楽園とまではいかなかったけどそれでも色々と楽しめた。

次はどこ行こうかな。

 

 

アディオス!

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM